ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。下関市から北九州を中心に、お墓専門にお仕事をさせていただいております、天の石材の天野です。下関市藤附町にて、ご実家のお墓の敷地内にコンパクト型のお墓を新しく建立させていただきましたので、ご紹介いたします!

 

【下関市藤附町 大坪上方墓地 コンパクト型新規建立】

 

下関市藤附町にて、お墓の建立をさせていただきました。ホームページを通じてご連絡をくださった他県にお住まいのお客様です。当初は、すでにあるご実家のお墓を建て替え・リフォームもご検討で、「どうするのがいいかな?」というご相談でした。

 

まずはお墓を確認しに現地まで伺いました。ご実家のお墓は下関市藤附町の自治会で管理されている墓地にあり、敷地の広いお墓でした。お墓の様子を見て、ご実家のお墓の建て替え・リフォームに限らず、このあたりにコンパクトなお墓を建てることもできますよとお伝えすると、「それならそうしようかな」と新規でお墓を建立されることになりました。印の場所で、ご実家のお墓のすぐ隣のスペースです。

ご希望を伺ってお打ち合わせをした末、今回新しく建てるお墓は地上型納骨室のコンパクトなお墓に決定しました。ご実家のお墓は従来のような地下に納骨室があるタイプでしたが、きちんとした施工がされていないと水が中に入ってしまったり、湿気が溜まりやすかったりという点で納骨環境としては問題点もあります。そこで、湿気が溜まりにくく納骨もしやすい、地上型の納骨室のお墓をご提案して採用していただきました。

 

工事開始です! もともとのコンクリートの土間部分をカッターで切り、基礎工事の準備をします。

 

ランマ―という機械で転圧し、地盤を固めます。

 

木枠を組んで、内部に鉄筋を組みました。中央の桝は土残しの部分です。万一内部に水が入っても、ここから地中に排水することができます。

 

コンクリートを流し込んで、表面をきれいにならしたら、このあとしばらくの間養生します。

 

養生期間を経て、基礎が完成です。周りの土間部分よりも少し高い基礎を打ちました。水が流れ込まないようにするためです。

 

基礎の上に、一番下の土台の石を据えました。通常ですと4本の部材に分けて組み合わせますが、今回は中央をくりぬいた一枚物の石を使用しました。強度も高くなり、頑丈な作りです。中央の土残し部分には、きれいな土を敷きました。

 

左右と後方に壁を設置、その上に天板を据えました。横壁の穴は空気口です。納骨室は、水などが入らないようしっかりとコーキングで固めるため、密閉性が高くなります。そのため、湿気が溜まって結露しないよう、空気口をこのように設け、納骨室内の換気をします。

 

総御影石作りの丈夫な納骨室内には、棚板を設けました。下関で一般的に使用される6寸(約18cm)のお骨壺であれば、上段・下段ともに4つは納めることができますので、合計8個とたくさんのお骨壺を納めることができます。また、下関でよく見られる昔ながらのお墓は納骨室が地下にあって深さがあり、納骨やお掃除の際に困るというご相談もたくさんいただきますが、このような地上型であれば納骨も楽に行えます。ご自分でご納骨・お掃除をすることも可能です。

底面は、明るい色合いの砂利を敷いて仕上げています。縦に長い構造の納骨室なので、上段・下段の左右に2か所ずつ、計4か所の空気口を設けました。

 

納骨室の上にお墓本体を据え付けたら完成です! 1㎡もないコンパクトな敷地ですが、見た目もスッキリときれいで、十分な数のお骨壺を納めることのできるお墓に仕上がりました。

 

上部のお墓本体です。当社で「コンパクト型」としてご案内している、幅約80cmのタイプです。コンパクトながら、花立と香炉を一体型にすることで十分に快適にお参りいただける作りになっています。棹石の下の上台は、亀腹加工で高級感ある仕上がりです。

 

納骨室の蓋石兼前壁は、墓誌も兼ねています。通常はお墓の横などに別途設置することがほとんどですが、今回はコンパクトなお墓ということで、工夫してこちらに彫刻をしました。

 

土間のコンクリートのひび割れていた箇所も簡単な補修をし、別途でご実家のお墓のクリーニングもご依頼いただきました。完成したお墓をご覧になったお客様は、「イメージしていたより立派だった!」と喜んでいただけました。ご納骨を週末に控えていますので、その時にはたくさんのご遺骨を納めることのできる納骨室内部も確認して頂く予定です。喜んでいただけるのが楽しみです!^^

今回は、コンパクト型のお墓の建立でした。施工の際は、基礎には通常のお墓と同じ13ミリの鉄筋を使用、土台となる石も一枚物を使用するなど、コンパクトながらも強度面でもしっかりとした品質のお墓となるように行いました。昔のような大きなお墓も今でもたくさん建立されていますが、最近は今回のお墓のようなコンパクトでご予算も抑えられ、お手入れもしやすく、ご遺骨もたくさん納めることができるお墓を希望される方も増えています。当社でご用意しているこのコンパクト型のお墓は、そんなお客様のご希望を叶えるお墓としてご好評いただいています。様々なニーズにお応えして、たくさんの方に喜んでいただけるよう、今後もお手伝いを続けて参ります!

下関市内でのお墓工事に関する記事

●30年前に建立されたお墓を、クリーニングで新品同様にきれいに。追加彫刻や色の入れ直し、納骨室の洗浄等。下関市の観音霊園にて
●下関市営西部墓地にて、墓石の撤去工事。機械の入れない狭い墓地で、大きな石を小割にして人力で搬出
●深くて暗い納骨室のお墓を、明るく快適な地上型納骨室のお墓へ建て替え。下関市豊浦町の野墓地にて
●ご納骨を控え、お墓のクリーニング・納骨室のかさ上げ工事で気持ちよくお参りいただけるお墓に。下関市長府の下関市営功山寺墓地にて
●下関中央霊園芝生墓地にて、規格墓Cタイプのお墓を建立。G654長泰(グレー御影)の上品で落ち着いた仕上がり
●福岡県産内垣石のお墓のメンテナンス工事と追加彫刻。植木の抜根やクリーニングで管理しやすいお墓へ、下関市営中央霊園にて
●下関市秋根にあるお寺様墓地にて、80年近く経ったお墓のクリーニング。文字の色入れや納骨室のかさ上げ、苔やサビをとってスッキリと明るいお墓に
●下関市宮田町のお寺様墓地にて、お墓のリフォーム工事。納骨室と外柵の作りなおし、行橋石のお墓をクリーニングできれいに
●80年前に建てられた、徳山石のお墓の建て替え工事。既存の墓石をクリーニング等できれいに。下関市豊浦町の中ノ浜遺跡墓地