ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。下関市から北九州を中心に、お墓専門にお仕事をさせていただいております、天の石材の天野です。今回は、下関市営西部墓地で、墓石の撤去工事をさせていただきました。お客様からご連絡をいただいて伺うと・・・

 
こんな大きな石がひとつ残されている状態でした。通常、お墓の施工や解体の際に石を搬入・搬出する際は、近くまで機械で運搬し、クレーンなどで吊り上げて行います。ですが、西部墓地のこの周辺は通路がとても狭く機械が入れないため、通常の方法では運び出すことができません。重さも数100kgはあるため、このままでは人力で持ち上げることもできません。そこで、この場である程度小割にしてから搬出します。
 

石を小割にしていきます。まずは、ハンマードリルで数か所穴をあけます。

 

穴をあけたところに、「セリ矢」を入れて石を割る準備をしました。石には石目が通っているため、それを確認しつつセリ矢を入れます。その後、ハンマーでセリ矢を打ち込んで石を割ります。

 

セリ矢を打ち込むまでは少し時間がかかりますが、打ち込み始めて石が割れるまでは、うまくいけばわずかな時間です。

 

3か所入れたセリ矢を順に打ち込むと・・・

 

今回は数回打ち込んで、こんな風にヒビが入りました。

 

セリ矢を打ち込んだところから石が割れました。とても硬く丈夫な御影石ですが、石目を読んだ適切なやり方で行うと、このように簡単に割ることができます。

 

同じようにさらに半分に割り、4つの小さい石にしました。これで一つが100kgもないくらいです。ここまで割ったら、なんとか人力で搬出することができます。運搬車が入れるところまで担いで運びました。

 

最後に、割った際についた粉を水で流してきれいにしました。お客様にはお写真をお送りしてご確認いただきました。大きな石が残っていると聞いてからずっと気になっていたそうで、「すっきりしました。ありがとうございました」とおっしゃっていただけました。

私どもでお仕事をさせていただく下関市や北九州市などでは、今回の西部墓地のように通路が狭かったり、急な階段を上った先にあったりと、機械が近くまで入れないような墓所もたくさんあります。昨今は、そうした墓地でのお墓じまいのご相談もたびたびいただくようになりました。「こんなところで工事できるの?」と思われるような、いわゆる難所と言われるような立地でも、色々な創意工夫で十分に工事を行うことができます。中でも今回のように大きな石材を小割にして搬出する方法は、石屋ならではの方法と言えますね^^ 日々様々な技術や知識を駆使して工事を行っていますので、今後もご紹介できればと思います!
 

下関市営墓地でのお墓工事に関する記事

●下関市営関山墓地にてお墓じまい工事。書類関係など全般的なお手伝いで、遠方でも安心のお墓じまい
●ご納骨を控え、お墓のクリーニング・納骨室のかさ上げ工事で気持ちよくお参りいただけるお墓に。下関市長府の下関市営功山寺墓地にて
●下関中央霊園芝生墓地にて、規格墓Cタイプのお墓を建立。G654長泰(グレー御影)の上品で落ち着いた仕上がり
●下関市長府三島町の市営竜王墓地にて、車の入れない場所にあるお墓をお墓じまい。頑丈なコンクリートの解体、細い道も安全に搬出
●遠方にお住まいのお客様より、お墓の清掃のご依頼をいただきました。定期清掃や管理も、下関市営東部墓地にて
●下関市営関山墓地にて、リモートを活用したお墓じまい工事。関東にお住まいのお客様
●福岡県産内垣石のお墓のメンテナンス工事と追加彫刻。植木の抜根やクリーニングで管理しやすいお墓へ、下関市営中央霊園にて
●下関市中央霊園の芝規格の洋墓(内垣石)へ、お墓の追加彫刻と色の入れ直しを行いました。