ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。下関市から北九州を中心に、お墓専門にお仕事をさせていただいております、天の石材の天野です。下関市藤附町の大坪上方墓地にて、コンパクトな洋型墓石を建立しましたのでご紹介いたします!

 

【下関市藤附町 大坪上方墓地 新規墓石建立工事】
石種 :G654(長泰)

 

以前にお墓を建立させていただいた方から、奥様のご実家様のお墓を建立したいとご連絡をいただきました。以前のお墓と同じ、下関市藤附町の墓地に建立したいとご希望で、すでに場所も確保されていましたので、場所をうかがって墓地を確認しに向かいました。

 

こちらが求められた墓地です。ご主人様のお墓と同じ墓地ということで、お参りも便利ですよね。きれいにコンクリート舗装されていて、きちんと管理されているのですが、ずいぶん前に施工されており、よく確認してみるとヒビが入っているところも見られましたので、今回は新たに基礎からの工事になります。

 

こちらはご提案した設計図です。コンパクトな洋型がいいとご希望いただいていたので、ご予算や墓地の形状等を考慮して設計しました。

 

桜の花の彫刻をしたいというご希望もいただいたので、家紋の周りに桜の花をあしらったデザインもご提案しました。納骨室の前面のデザインです。何度かやり取りをさせていただいた末にお客様にご納得いただけたら、早速工事に取り掛かります。

 

工事が始まります。まずは、既存の基礎やブロック壁を取り外しました。

 

下に砕石を敷いて転圧し、地盤を固めています。取り除いてみると意外に細長く、奥行きのあるこんな形状をしています。奥に向かって少し傾斜していました。

 

木枠の中に鉄筋を組み、お墓の直下 土台部分の基礎コンクリートを流し込む準備をしています。

 

コンクリートを流し込んで、表面をきれいにならしてしっかり乾いたら基礎が完成です。真ん中の木枠の中は土残しの部分で、土のままにしています。

 

今回は、完成した土台の基礎の手前にもう一段、入り口側の基礎を打ちます。同じように手前にも木枠を組んで準備をしています。

 

コンクリートを流し込んで、手前側の基礎も完成しました。このあと、耐震施工でお墓本体を据え付けたら、お墓の完成です。

 

完成したお墓です!

どっしりとした安定感もありますが、添えられた桜の花の彫刻がかわいらしいですね。お客様にも「桜がかわいい」と気に入ていただけました^^

 

黒っぽい、色の濃い目の石をご希望でしたので、ご予算等も考慮してG654長泰という石をご案内しました。濃い目の色合いが、正面の文字や家紋、桜の彫刻を引き立たせています。納骨室の壁石には、内部に湿気が溜まらないよう、通気口も設けています。バランスの良い、コンパクトで安定感のある洋型墓です。

 

納骨室前面の、家紋・桜の花の彫刻です。桜は人気の図柄なので、たくさんのデザインがあります。数パターンご用意した中からこちらをお選びいただきました。

 

今後こちらのお墓に入られる方が少ないということもあって、「コンパクトでいい」というご希望をいただいていましたので、納骨室の高さも抑え、ご希望に沿うように設計しました。完成したお墓をご覧になったお客様には、「思った通りコンパクトなかわいらしいお墓になった」と喜んでいただけました。コンパクトとはいえ、納骨室が思った以上に広いことも気に入っていただけたようです。

桜のデザインは何度かやり取りをさせていただき、より華やかにするため、花の部分にピンク色を入れたりすることも一案としてありましたが、最終的にはシンプルに1色に決められました。完成してみると、図柄自体がはっきりとしたデザインだったこともあって、白1色でも十分に華やかでかわいらしい仕上がりになり、「これにしてよかった!」とおっしゃっていただくことができました。カラフルな色を入れることももちろん可能ですが、メンテナンスの上では少し手間がかかりますので、今回は単色を選ばれて正解だったかもしれません。なによりも、気に入っていただけるお墓に仕上がって本当によかったです^^ このたびは、また当社にお声かけくださってありがとうございました。何かお困りのことがございましたら、どうぞまたいつでもご連絡ください!