ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。
下関市から北九州を中心に、お墓専門にお仕事をさせていただいております、天の石材の天野です。今回は、下関市宮田町のお寺様墓地にて、古くなったお墓のリフォーム工事をさせていただきましたので、ご紹介します!

 

【下関市宮田町のお寺様墓地 リフォーム工事 石種:行橋石】

 

今回は私の友人から、お母様のご実家のお墓をリフォームしたいというご相談を受けました。お母様が亡くなり、ご納骨にあたって、古くなったお墓をきれいにしたいということでした。現地でお会いしてお話しを伺いました。

 

こちらが施工前のお墓です。建てられてかなり時間が建っているお墓で、確かにずいぶん古くなっていました。

 

レンガで外柵が作られていますが、それも風化が進んでボロボロになっていました。コンクリートの土間部分もヒビがたくさん入っています。

 

水鉢と花筒です。花筒は、石に直接水を入れる古いタイプで、お水の交換ができませんし、お掃除もできないので汚れが溜まって、夏場などは水が腐ってしまいます。水鉢も水垢などがたまって真っ黒になっています。

 

お墓の左後方です。黒いのは水垢です。隙間からの水の浸入を防ごうと、ご自分で修理をしようとされた白い目地の跡が残っています。なんとかお墓を守ろうとされたのがよく分かります。

お客様は嫁がれたお嬢様ばかりの3姉妹で、今後お墓を見ていく人がいないということでしたので、通常であれば将来的にはお墓じまい等も検討されるところですが、まずはこのお墓できちんとお母様のお参りをしたいお気持ちが強く、このままの状態でお墓をきれいにしたいと希望されていました。ですので、基礎を打ち直して納骨室を作りなおし、お墓の外柵部分も新しすることになりました。
周りが新しくなるので、お墓そのものはきれいにクリーニングして据え直すことをご提案して採用していただけました。お困りだったお花立てなどもきれいにして、お母様を無事にご納骨できるお墓を目指します。

 

工事が始まりました!

まずは基礎工事です。お経をあげていただいてからご遺骨を取り出し、古いお墓を一旦取り外しました。そのあと古いレンガの外柵などもすべて取り除いて更地に戻し、新しく基礎コンクリートを打ちなおしました。今回は周りにブロックを据えて外柵にするため、下から支えるための鉄筋を出しています。

 

外柵のブロックを据えていきます。ブロックを固定するため、鉄筋を随所に使用しながら強度を保てるように積んでいきます。今回は、「もともとのお墓のイメージに近い形にしたい」というご希望があり、ブロック積みの囲いにしました。ご予算的にも費用を抑えることができます。石を模したデザイン性のある化粧ブロックです。

 

納骨室と、ブロック部分が完成しました。お隣のお墓の外柵と高さをだいたい合わせています。

このあと、お墓本体を据え付けて完成です。

 

完成しました!

お墓本体は、工場へ持ち帰ってクリーニングをして、色の入れ直しも行いました。すっきりとして明るいお墓に生まれ変わりました!

 

墓石はすべてきれいにクリーニングをしました。石種は、このあたりでは行橋石と呼ばれる石です。とても品質がよいもので、建てられた当時もかなり高価なお墓だったのではと思います。かなりの年月が経っているにもかかわらず、クリーニングでここまできれいにすることができました。

棹石正面とお花立て、香炉、水鉢正面の彫刻部分は色の入れ直しをしました。以前は、花立ての文字などはほとんど見えないような状態でしたが、色を入れてはっきりと見えるようになりました。線香立ては穴が開いているだけでしたが、ステンレス製の筒状の線香立てを入れました。

 

水鉢と花立てです。水鉢は真っ黒に水垢がついていましたが、クリーニングできれいにすっきり汚れが落ちました。花立ては、穴を開け直してステンレス製の花筒を入れることができるようにしました。この花筒を抜いてお水を交換したりお掃除をしたりすることができますので、清潔で、便利になりました。

 

お墓後方です。ご自分でされていた目地部分を一旦はがして、きれいにクリーニングをしてから新たに目地を入れ直しました。墓石専用の耐震ボンドで目地を打っていますので、目地部分も強度があがり、水の浸入も防ぎます。丁寧なクリーニングで、ここまできれいにすることができました!

 

お客様には、お墓が新しく明るくなって、「すごくきれいになったね!」と喜んでいただけました。跡を継ぐ人がいないお墓だけれど、壊してしまうのではなく、せめて自分たちがいる間はお参りをしてあげたいと願っていたお墓がきれいにお参りしやすくなり、「リフォームをしてよかった」と言っていただけました。ご家族様・ご先祖様とご一緒に、お母様もきれいになったお墓で気持ちよく眠っていただけているのではないでしょうか。

今回は、もともとお持ちのお墓を活かしてリフォームをするというご相談でした。こういったご相談はよくいただきますが、状況やご予算などはお客様によって様々です。ですので、しっかりとお客様のお話を伺ってご希望を汲み取り、ご予算などと照らし合わせて、ケースバイケースでご希望に沿う形になるようにご提案をしています。今後も、できる限りご希望に沿えるように知恵を絞ってご一緒に解決して参ります。分からないことや不安なことなど、どうぞ安心して何でもご相談ください!

 

お墓の修理・建て替えに関する記事

●80年前に建てられた、徳山石のお墓の建て替え工事。既存の墓石をクリーニング等できれいに。下関市豊浦町の中ノ浜遺跡墓地
●下関市垢田の地域墓地にて、水が溜まってしまった納骨室の修繕・嵩上げ、お墓の目地補強、水垢の除去作業を行いました。
●山口県産徳山石のお墓を、既存の石を使用して地上式納骨室のお墓へリフォーム。全面石貼りのすっきりとしたお墓へ、北九州市立足立霊園
●下関市営中央霊園にて、お墓のクリーニングと文字色の入れ直し、砂利・花筒の交換等のメンテナンス。山口県産徳山石のお墓
●約100年前のお墓をクリーニングしました。カロートのかさ上げ、彫刻の色入れ直し、砂利敷きなどでお参りしやすいお墓へ。下関市引接寺にて
●下関市横野町のお寺様墓地にて、お墓のクリーニングと、お花立て・香炉・拝石の交換、法名碑の追加を行いました