ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。下関市から北九州を中心に、お墓専門にお仕事をさせていただいております、天の石材の天野です。下関市営関山墓地にて、関東にお住まいのお客様より、お墓じまい工事をお任せいただきましたのでご紹介します!

 

下関市営 関山墓地  墓石解体撤去工事

 

ホームページをご覧になったお客様から、メールでお問い合わせをいただきました。関東にお住まいの方ですが、下関市営関山墓地にお墓をお持ちで、ご兄弟様も含めこちらにはもういらっしゃらないので、ご遺骨を移したいという内容でした。

 

こちらがご相談のお墓です。区画番号を伺って役所で場所を確認後、現地へ向かってお墓の確認を行いました。間違いがあってはいけませんので、お墓正面の文字やご家名などを正確に確認します。

 

お墓背面の建立年月日を確認すると、大正13年建立、100年近く経っているお墓でした。建立者の方のお名前も間違いがないことを確認させていただきました。その後、お客様へお見積もりをご提出させていただくと工事をお任せいただけることになりました。

 

お墓じまいの工事に先立って、お寺様にお経をあげていただき、ご先祖様にお墓じまいのご報告をしました。関東からお越しになったお客様とご一緒に手を合わせました。このあとご遺骨を取り出します。

 

ご遺骨の取り出しにあたって、まずはお墓手前にあるお水鉢・お花立を取り外します。

 

今回のお墓は、お水鉢・お花立の下に拝石があり、それを取り外すと納骨するための甕がある構造になっていました。甕の入り口の半分ほどがお墓の台座の下に埋まっている状態でしたので、上のお墓本体もすべて取り外してからでないとご遺骨の取り出しができません。お客様とお話して、お墓の取り外しが終わり次第ご遺骨を取り出すことにして、関東にお住まいのお客様はお帰りになりました。

 

お墓をすべて取り外しました。古いお墓の場合は、今回のようにお墓を取り外してからでないとご遺骨が取り出せない構造のお墓も時々あります。取り出したご遺骨は、お客様が改葬を依頼されている施設へお持ちしました。

その後、周りの囲いの大きな石もすべて撤去し、土間部分のコンクリートなどもきれいに取り外します。

 

すべて取り除いて地面をならしたら、ふるいにかけたきれいな真砂土を敷いて、お墓じまい完成です!

当店では、次にこの墓地を使う方に気持ちよく使っていただけるよう、周りのお墓にご迷惑にならないよう、必ずこのようにきれいに仕上げます。
 

後日、お客様からご依頼があったご両親のお仏壇のお引き取りのお手伝いもさせていただきました。下関のご親戚のところにあったもので、お引き取りをして処分させていただきました。

 

工事状況や、お墓じまい完了後の様子はすべてお写真を撮って、メールでお送りして完了のご報告とさせていただきました。今回は、お問い合わせをいただいた当初「お墓じまいのことは何も分からない」というところからのスタートで、役所の書類関係の提出からご遺骨の取り出しと移動、古いお仏壇の処分など、お墓じまいに関わる全般的なお手伝いをさせていただきました。直接お会いできたのはお墓での閉眼供養の際のみで、あとはメールやお電話でのやり取りでしたが、「絶えず安心してお任せできました」とおっしゃっていただけました^^

実は、今回のお客様はご兄弟様も含め、一度もこちらのお墓にお越しになったことがなかったそうです。ご両親様がこちらにご縁があってお墓をお持ちだったのだと思いますが、お客様にとっては慣れない離れた場所での初めて経験されるお墓じまいということで、ご不安も大きかったのではないでしょうか。そんな中でも、こまめにやり取りをして丁寧にご対応したことで、安心してお任せいただけたのであれば嬉しいです!

このたびは、当店にお墓じまいをご用命いただきありがとうございました。もしいつか機会があれば、また下関に遊びに来てくださいね^^

お墓じまいに関する記事

●ご家族の大切なお墓のお墓じまい工事、お寺様の永代供養へお引越し。下関市田中町(唐戸地区)の寺院墓地にて
●下関市稗田の稗田墓地にて、お墓じまい工事。永代供養へのお引越しや手続き関係もお手伝い
●下関市長府三島町の市営竜王墓地にて、車の入れない場所にあるお墓をお墓じまい。頑丈なコンクリートの解体、細い道も安全に搬出
●下関市営関山墓地にて、リモートを活用したお墓じまい工事。関東にお住まいのお客様
●下関市営東部墓地にて、隙間なく建てられたお墓をお墓じまい。解体から整地、永代供養墓への改葬まで
●お電話等のやりとりで、お墓じまいと永代供養墓への改葬が完了。クレーンが入れない場所での作業、下関市向山町の地域墓地にて