ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。
下関市から北九州を中心に、お墓専門にお仕事をさせていただいております、天の石材の天野です。
下関市長府三島町の市営竜王墓地にて、お墓じまい工事をさせていただきましたので、ご紹介いたします!

 

墓石解体撤去工事 下関市長府三島町 市営竜王墓地 徳山石のお墓

 

ホームページをご覧になってお問い合わせいただきました。下関市にお住まいの方で、奥様方のご実家のお墓のお墓じまいをご希望でした。跡を継ぐ方がいらっしゃらないので、購入されたお寺の納骨堂にご遺骨を移したいとのことでした。

お電話をいただいて、お墓へ確認に向かいました。お墓のある下関市営竜王墓地は山の中にお墓が広がっている墓地で、市役所にお墓の場所を確認して見に行きました。お墓のある場所までたどり着くのには細い山道を登ることになります。お客様も、ひとりでお墓参りに行くのが少し怖いとおっしゃっていました。

 

こちらがご依頼いただいたお墓です。こういった山の中にある状況から考えると、十分にきれいにされています。大変な場所にも関わらず、毎月のようにお参りに来られていたそうです。竹林に囲まれた墓所は足場も悪く、夏場でしたので蚊も多かったりと、毎回のお参りの大変さがよく分かりました。お墓の状況を確認してお見積もりを差し上げると、工事をお任せいただけることになりました。

お施主様の立ち会いのもと、事前に和尚様にお経をあげていただいて、魂抜きを行いました。工事に先立ってご遺骨を取り出したら、工事開始です!

 

こちらの墓地には駐車場がありません。また、車でも入れないような細い道がお墓まで続いています。写真の道はまだきれいに整備がされている道ですが、お客様のお墓の近くはもっと道が細く険しい道でした。

運搬のための車を停めるスペースがないことは困りましたが、近隣の住宅地でお住まいの方に駐車できる場所をうかがうと、ありがたいことに「ここに停めていいよ」と駐車の許可をいただくことができて無事に工事を始めることができました。とてもありがたかったです^^

 

お墓の解体が進んでいます。上のお墓本体部分を取り外して、コンクリートで作られた囲いの部分を取り外しています。

 

納骨室もすべてコンクリートで作られていました。これを解体するため、大型の電動ピックを2台使用して解体を進めていきます。お見積もりの際に外見から見ただけでは、内部の納骨室の状態などははっきり分かりません。開けてみないとわからないという部分もあり、見積もりの難しいところでもありますが、かなりしっかりした作りで頑丈に作られていたことは確かです。その分解体には少し苦労して・・・かなり手ごたえがありました^^;

解体したコンクリートは運搬車に載せて、先ほどの細い道を通って車の場所まで運び出します。これを繰り返してお墓じまい工事を進めていきます。

 

ずいぶん解体が進みました。あともうひといきです!

 

すべて取り除いたら土を少し漉き取って取り出し、くぼんだ部分にきれいな真砂土を入れてならしたら完成です!

 

お墓じまいが終わった区画は、次に使用される方に気持ちよく使っていただけるようにきれいに仕上げます。下関市営墓地では、施工前後の写真を添えた完成届けを提出してお墓じまいが完了となります。

 

お客様にはお写真を見ていただいて、お墓じまい完了のご報告をしました。「これでひと安心です」とホッとしていらっしゃいました。お墓だけでなくご実家の方の整理などを進めておられるということでしたので、無事に終わってホッとする反面、代々皆様がお参りされてきたお墓をしまうのは寂しいお気持ちもあったのではないでしょうか。これまではお参りに行かれるだけでも大変だったと思いますが、これからはお参りしやすい場所に移られて、気軽にお参りに行けますね! このたびは、大切なお墓の工事をお任せいただいてありがとうございました。