ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。下関市から北九州を中心に、お墓専門にお仕事をさせていただいております、天の石材の天野です。下関市田中町(唐戸地区)の寺院様墓地にて、お墓じまい工事をさせていただきましたので、ご紹介いたします!

 

【下関市田中町(唐戸地区)寺院様墓地 墓石解体撤去工事】

 

知人からの紹介で、お墓じまいをご相談いただきました。二人の娘さんがいらっしゃるお母様で、下関市の唐戸地区にあるお寺様の墓地にお墓があったのですが、お墓を見ておられたお母様が県外の娘さんのところに行くことになり、今後はお墓を見ていくのが難しいため、お墓じまいしてお寺の永代供養にご遺骨を移すことにされたそうです。

 

こちらがご相談のお墓です。御影石で作られたお墓本体の下にはブロック製の土台があり、その中が納骨スペースとなっています。中には2名の方のご遺骨が納められていました。事前にお寺様に読経していただいて、お墓の解体工事に入ります。

 

一番上の棹石と花立・水鉢を取り外しました。水鉢を取り外した奥に納骨室の入り口があり、そこからご遺骨を取り出しました。

 

上のお墓をすべて取り除いて、下のブロックの土台部分の解体に入りました。まずは手前のブロックを取り外しました。ブロックの内側はしっかりコンクリートが施工してあり、コンパクトながらきちんと施工されているお墓でした。

 

工事が進み、いつも通りお墓のあった場所を整地をしようとしていたところ、土の中にお骨壺がもう一つあるのを発見しました。お寺様やお客様に確認したところ、今回解体したお墓は以前に建て直したものだそうで、どうやらその工事の際にそれ以前の仏様を土の中に埋葬していたようです。そのことは、お客様もご存じではありませんでした。こちらの仏様もご一緒にお寺様の永代供養にお引越しをされることになりました。

 

他にもお骨壺が残されていないことを慎重に確認し、土を埋め戻したら整地をして、真砂土を入れてきれいにならしてお墓じまい工事完了です。

 

お墓じまいの工事では、今回のように、お客様自身もご存じではない、古い仏様が見つかるケースは時々あります。事前にそういった可能性があると伺った場合はもちろん、これまでの工事の経験から、土の中にご遺骨等が埋葬されている場合は土の柔らかさが違うので、「これは何か埋められているかも・・・」と感じたら慎重に確認をします。

お母様・娘様それぞれにお写真を郵送して、完成の確認をしていただきました。娘様は後日口コミも寄せてくださいました^^

 

実家の墓じまいと仏壇じまいをお願いしました。
私が遠方に住んでいて、実家には高齢の母だけでしたので、何かと心配な事ばかりでした。
こちらの石材店の方は、打ち合わせから丁寧に説明してくださり、質問にも快く答えてくださり、不安なくお願いできました。
連絡もこまめにとっていただいて大変助かりました。作業時の写真をこちらと実家にも送っていただき、丁寧なお仕事をされている事もよく分かりました。大変感謝しております。

あたたかいお言葉ありがとうございます。とても励みになります! 安心してお任せいただけたとのこと、とてもうれしい限りです。

遠方へ移られるということで、お墓じまいをされた今後はもうこちらにはなかなかお越しになることもないかと思い、今回はお墓の工事の写真だけでなく、お寺の雰囲気や、そこから見える景色を写真に収めてお送りしました。これまでご家族で大切にお参りされてきたお墓そのものだけでなく、ここにお墓があったこと、みんなでお参りをしたことを、写真を見て思い出していただけたら幸いです。またいつか、皆様で下関に遊びにいらしてくださいね^^